トップページ > コラム > 【アクアリウムレンタル】夏をヒマワリで飾るオリジナル・アクアリウム
【アクアリウムレンタル】夏をヒマワリで飾るオリジナル・アクアリウム

【アクアリウムレンタル】夏をヒマワリで飾るオリジナル・アクアリウム

2017.08.06

2017年も熱い夏がやってきました。

セミの声も騒がしくなってきた今日この頃はその声を聴くだけでも汗がにじみ出てくるような気候が毎日続いています。

 

外回りや受診など季節を問わず外出するところどころに涼しげな水の中をスイスイと気持ちよさそうに泳いでいるもの眺めて気持ちだけでも涼し気になった経験はありませんでしょうか?

 

今日は、そんなつい足を止めて眺めてしまう涼し気なアクアリウムに夏を取り入れたデザインをご紹介したいと思います。

 

 

■そもそも何故アクアリウムはつい眺めてしまうの???

アクアリウムは熱帯魚の動きやしぐさに目が奪われてしまいます。でも、お魚がいるだけではなく、様々なシチュエーションを奥深く作り上げています。

 

・照明のライティングをオリジナルの発想で取り入れる

⇒上から照らす照明が一般的ですが、私たちの取り入れるデザインではバックライトをよく取り入れます。また、水中からライトを照らしたり、上部のライトもおしゃれカフェにあるようなバーライトでデザインの対象物や水面を照らすことで水が揺らぐ反射をうつしだしたりします。

 

・目だけでなく五感をくすぐる演出があります

⇒目で見るものに癒されるだけでなく、耳から聞こえる水の雫が滴る音や水が流れる音をまるで“目をつぶればそばに小川が流れている”ように演出します。

また、落ち着く空間でアロマや音楽、食事を楽しみながらと五感に作用するアクアリウムはそばにあるだけで存在感がひきたっています。

・そこに季節感を取り入れる“デザイナーのおもてなし”

⇒私たち水景デザイナーは様々なお客様の空間の中、2017年最も表現したいものを取り入れます。その中には季節感もあり、毎年二つとないアクアリウムのデザインを手掛けております。お客様の嗜好がどのようなことかなども考慮しデザインして参りますので同じデザインのお客様が二つとなく、同じものをお造りできないオリジナル性の高さが好評です。

■アクアリウムにどんな花を取り入れているの?

いまの季節はヒマワリを多く取り入れています。このヒマワリはアーテフィシャルフラワーを扱いますが、なるべく自然に近い茎や付け根が不自然でないものを様々なところに足を運んで最低3種類の花を買い付けてデザインを事前に試したのちお客様のもとでデザインします。

 

アーテフィシャルフラワーだけでなく、グリーンブッシュも一つの作品に対し、3種類以上のものを融合させて色合いや特徴をマッチさせながらデザインします。

ヒマワリの他には、夏はアサガオ(和風)やハイビスカス(南国風)ラベンダーなどを今年は採用しました。

 

9月ころには秋桜(コスモス)などを用いて徐々に秋の紅葉していく自然の様をデザインに取り入れていきます。

■最後はやっぱり可愛いお魚を眺めましょう

季節感を取り入れたデザインのアクアリウムは淡水魚という川に住んでいるカラフルな熱帯魚たちをお入れしています。

 

TOJO東京 レミニセンス

水景デザイナー  小西

 

オススメの記事

設置料¥0がもたらす後々の壁
設置料¥0がもたらす後々の壁
topへ
医療機関インテリア熱帯魚・水槽のレンタル・メンテナンス © レミニセンス